新型コロナの影響でジョギングが人気 マスクをつけて走る時は負荷が高いので注意 ノーマスクのランナーも 

生活
1: さかい ★ 2020/05/11(月) 04:50:22.26 ID:X7n0l3XN9 BE:656475691-2BP(1000)

健康政策を専門にする専門家は、マスクをつけたうえで、ほかのランナーと距離を十分にあけて走るなど、具体的な注意点をまとめた動画を公開し、感染予防対策の必要性を呼びかけています。

※ ※ ※ ※ ※

具体的には、▽ほかのランナーと前後10メートル以上間隔をあけること、▽追い抜くときには1メートル50センチほど横に距離を置くことをすすめています。

加えて、マスクをつけて走ると呼吸をしにくくなるため、心臓や肺に負担がかかっているとして、ふだんよりも走るスピードを抑えるようアドバイスしています。

久野教授は「運動不足やストレス発散のために外で軽い運動をすることは重要なことだ。ジョギングについては、自分を守り他人に迷惑をかけないためにも、マスクをつけたうえで、人との間隔をあけて走ってほしい」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200510/k10012424091000.html



110826_s

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました